牛頭天王立像




神将形の牛頭天王の立像。一木造。像高90cm程度。


牛頭部分の耳と角は脱落していたが、それぞれ耳と角に対応する制作当時の穴が開いていたため、古材により追補したもの。


製作年代は不詳だが、中世後期からの牛頭天王像が、ほぼ、明王形、座像、持物が斧・羂索という様式によって製作されているのに対し、本像は、神将形であり、持物が斧ではないという点において、平安期の牛頭天王の様式を有している。



57回の閲覧