感神院祇園牛頭天王神璽勧請関連文書



寛政9年(1797)に加東郡長谷村に祇園牛頭天王を勧請した神社が、嘉永6年(1853)にあらたに造営されるため、あらためて祇園社の西梅坊から差し遣わした文書の写しである。


勧請した御神体が「感神院祇園牛頭天王神璽」とされており、幕末期にも祇園牛頭天王の名称が使用されていたことがわかる。「神璽」とは、御神体そのものをしめす言葉として使われている。


祇園祭と同様に6月7日・14日に祭礼を行うべきとしており、地方への祇園祭の伝播の形跡を伝えるが、現在、この神社及び祭礼が存続しているかは不明である。

安鎮の事  厳霊與

感神院祇園牛頭天王神璽

右、今般信仰に仍って勧請せしめ畢

いよいよ例歳六月七日十四日

御神祭経営の事

怠慢有るべからず条、仍って件の如し。

嘉永六癸丑年五月

     祇園社別当

        西梅坊

   播州加東郡

      長谷村役人中

右は其村中へ寛政九丁巳年五月

勧請これ在るところ、今度、御宮造営につき

尚また証書相改め差し遣わし条、添書件の如し。

(寳光井家文書)

48回の閲覧